みかもぶろぐ

日々雑感をすこし丁寧に。

ゆっくりと子育てする権利、される権利

コメントする

OLだった頃、朝、遅刻するだけでも大ごとなのに、
子どもを授かって、なんと仕事を辞めた。
あんなに大切な、大好きな仕事を辞めるなんて。。。
私に仕事を辞めさせた、「こども」という存在は本当に大きい。

妊婦さんや小さな子を連れた人を見ると、自分の子育て期を思い出す。
あの頃、とても強く感じていたのは、
「こどもが小さいうちは、子育て以外、何もできなくなる」ということ。
当時は本当に大変だったけど、
これは、いまの私にとっては実はとてもうらやましいことで。

いつもはやっていたけど、あまり気がのらなかったこと(例えば近所つきあいとか、ご飯つくりとか。)全て、
「赤ちゃんがいるんでできません!」と言っちゃえるから。
赤ちゃんの命以上に、はかなくて、大事にしなくてはいけないものはないから、こう言えてしまうのだ。

何もかもすべてを赤ちゃんに捧げなくてはならない毎日は
実はとても幸せな時間なのだな、と
今は、思う。
だから、ママさんを見ると、「赤ちゃんどっぷり期なのね、うらやましいわ~」などと思っていた。しかし。

最近気がついた。「赤ちゃんがいるから、色んなことはできませーん」などと抜かしていた私が、どれほど恵まれていたのかを。

昨日少しお喋りした、就労相談の場に来ていた女性は4歳と2年生のママ。急に休むことが予想されるので、仕事が見つからず、苦労していた。
私も、妊娠中からもほぼずっと働いているけれど、実家の手伝いだったり、ママさんにとても理解のあるオーナーのお店だったり。あげくの果てには社長ですから。恵まれていたんだなあ、と思う。

嫁ぎ先の実家でも、いつも「毎日大変なんだからここに来た時くらいはのんびりしなさい」と言われ、素直なので真に受けて、昼寝させてもらったり、ご飯を作ってもらったり、ぐーたらぐーたらさせてもらった。

人それぞれ、どんな働き方や子育てをするのもいいのだが、
赤ちゃんが生まれて、子育てに集中したいママ(パパも)の権利と、優しくされたい赤ちゃんの権利が守られるといいな、と昨日はしみじみ思ったのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中